インフルエンサーマーケティングとは?概要から成功事例まで徹底解説

SNSの普及により、インフルエンサーマーケティングが注目を集めています。インフルエンサーマーケティングとは、SNSで多くのフォロワーを持つインフルエンサーに商品やサービスを紹介してもらい、認知度や購買意欲を高めるマーケティング手法です

本記事では、インフルエンサーマーケティングの概要から成功事例まで徹底解説します。インフルエンサーマーケティングについて詳しく知りたい方は、ぜひご覧ください。

インフルエンサーマーケティングとは

インフルエンサーマーケティングとは、SNS上で大きな影響力を持つインフルエンサーに、商品やサービスをPRしてもらい、口コミを通して購買など消費者の行動に影響を与えるマーケティング手法です。

インフルエンサーとは

インフルエンサーとは、SNS上で多くのフォロワーを持ち、発言や行動が世間に大きな影響力を与える人のことです。インフルエンサーは、主に以下の3つのカテゴリーに分けられます。

タレントや芸能人

テレビや雑誌などで活躍するタレントや芸能人は、もともと多くのファンを抱えているため、インフルエンサーとしても大きな影響力を持っています。

専門家や有識者

特定の分野の専門家や有識者は、その分野に関する知識や経験を活かして、幅広い層から支持を得ています。

一般人

SNS上で独自のコンテンツを配信し、多くのフォロワーを獲得した一般人も、インフルエンサーとして活躍しています

インフルエンサーは、商品やサービスのPRを行うことで、企業のマーケティング活動に大きな貢献をしています。その理由は、以下の2つです。

ターゲット層へのリーチがしやすい

インフルエンサーは、自らのSNSを通じて、商品やサービスのターゲット層に直接リーチすることができます。

口コミ効果で信頼感が高まる

インフルエンサーの口コミは、消費者にとって信頼性が高いため、商品やサービスの購入意欲を高める効果があります。

インフルエンサーマーケティングのメリット

インフルエンサーマーケティングには、以下のメリットがあります。

ターゲット層へのリーチがしやすい

インフルエンサーは、自らのSNSを通じて、商品やサービスのターゲット層に直接リーチすることができます。そのため、マスマーケティングでは難しい、ターゲット層へのピンポイントなアプローチが可能です。

口コミ効果で信頼感が高まる

インフルエンサーの口コミは、消費者にとって信頼性が高いため、商品やサービスの購入意欲を高める効果があります。そのため、企業が自ら発信する広告よりも、信頼性が高く、効果的なマーケティングが期待できます。

費用対効果が高い可能性がある

インフルエンサーマーケティングは、マスマーケティングに比べて、費用対効果が高い可能性があります。なぜなら、インフルエンサーのSNSを通じて、商品やサービスのターゲット層に直接リーチすることができるため、マスマーケティングで必要となる広告費を大幅に抑えることができるからです。

インフルエンサーマーケティングの注意点

インフルエンサーマーケティングを行う際には、以下の点に注意が必要です。

ターゲット層に合ったインフルエンサーを選ぶ

インフルエンサーマーケティングの効果を最大限に発揮するためには、ターゲット層に合ったインフルエンサーを選ぶことが重要です。ターゲット層とインフルエンサーの属性が合っていない場合、効果が薄まってしまう可能性があります。

目的やターゲットに合わせて適切な施策を実施する

インフルエンサーマーケティングには、さまざまな施策があります。企業の目的やターゲットに合わせて、適切な施策を実施することが重要です。

例えば、商品やサービスの認知度を高めたい場合は、インフルエンサーに商品やサービスの紹介をしてもらうことなどが有効です。一方、商品やサービスの購入を促したい場合は、インフルエンサーに商品やサービスのレビューや使い方をしてもらうことなどが有効です。

成功事例

インフルエンサーマーケティングは、近年多くの企業が取り入れており、さまざまな成功事例があります。

以下に、その中からいくつかの事例をご紹介します。

化粧品ブランド「資生堂」の例

化粧品ブランド「資生堂」は、2023年2月に、人気YouTuberの「すっぴんさん」に新商品「アルティミューン パワライジング コンセントレート n」のPRを依頼しました。

すっぴんさんは、美容系YouTuberとして人気を集めており、その動画は多くの女性から支持されています。また、すっぴんさんは、資生堂のブランドイメージと親和性が高く、多くの女性から信頼される存在でした。

すっぴんさんは、自身のYouTubeチャンネルで、新商品の使用感や効果について、詳しく紹介しました。その動画は、公開からわずか1週間で再生回数100万回を超え、大きな話題となりました。

また、新商品の売り上げは、前年比200%増を記録しました。この結果から、すっぴんさんのPR効果が、新商品の認知度や売り上げ向上に大きく貢献したことがわかります。

資生堂は、この成功を踏まえて、今後もインフルエンサーマーケティングを積極的に活用していく方針です。

成功の要因

資生堂の成功の要因は、以下の2つが挙げられます。

ターゲット層に合ったインフルエンサーを選んだ

すっぴんさんは、美容系YouTuberとして人気を集めており、その動画は多くの女性から支持されています。そのため、資生堂のターゲット層である女性に、高い影響力を持つインフルエンサーを選ぶことができました

適切な施策を実施した

資生堂は、すっぴんさんに、新商品の使用感や効果について、詳しく紹介してもらうことで、消費者の信頼を得ることに成功しました。また、すっぴんさんのYouTubeチャンネルには、多くの女性が登録しているため、多くの人に商品の魅力を伝えることができました。

資生堂の例は、インフルエンサーマーケティングの成功事例として、多くの企業から注目されています。この事例から、インフルエンサーマーケティングを行う際には、ターゲット層に合ったインフルエンサーを選び、適切な施策を実施することが重要であることがわかります。

アパレルブランド「ユニクロ」の例

アパレルブランド「ユニクロ」は、2023年3月に、人気インスタグラマーの「田中みな実」を起用したキャンペーンを実施しました。

田中みな実は、タレントや女優として活躍するほか、美容家としても注目を集めており、そのファッションやメイク術は多くの女性から支持されています。そのため、田中みな実がユニクロのアイテムを着用したことで、多くの女性の興味を引くことに成功しました。

このキャンペーンでは、田中みな実が自身のインスタグラムで、ユニクロのアイテムを着用したコーディネートを投稿しました。その投稿は、多くの女性から「かわいい」「真似したい」などのコメントが寄せられ、大きな反響を呼びました。

また、キャンペーンサイトのアクセス数は、前年比200%増を記録しました。この結果から、田中みな実のPR効果が、ユニクロの認知度や売り上げ向上に大きく貢献したことがわかります。

ユニクロは、この成功を踏まえて、今後もインフルエンサーマーケティングを積極的に活用していく方針です。

成功の要因

ユニクロの成功の要因は、以下の2つが挙げられます。

ターゲット層に合ったインフルエンサーを選んだ

田中みな実は、タレントや女優として活躍するほか、美容家としても注目を集めており、そのファッションやメイク術は多くの女性から支持されています。そのため、ユニクロのターゲット層である女性に、高い影響力を持つインフルエンサーを選ぶことができました。

適切な施策を実施した

ユニクロは、田中みな実に、自身のインスタグラムで、ユニクロのアイテムを着用したコーディネートを投稿してもらうことで、多くの人に商品の魅力を伝えることができました。また、キャンペーンサイトでは、田中みな実のインタビューや、田中みな実が選んだユニクロのアイテムを紹介するコンテンツを配信することで、商品の魅力をより深く伝えることに成功しました。

ユニクロの例は、インフルエンサーマーケティングの成功事例として、多くの企業から注目されています。この事例から、インフルエンサーマーケティングを行う際には、ターゲット層に合ったインフルエンサーを選び、適切な施策を実施することが重要であることがわかります。

インフルエンサーマーケティングとは、SNSで多くのフォロワーを持つインフルエンサーに商品やサービスを紹介してもらい、認知度や購買意欲を高めるマーケティング手法です。近年、SNSの普及とともに注目を集めており、企業のマーケティング施策のひとつとして欠かせないものとなっています。

まとめ

インフルエンサーマーケティングを行う際には、インフルエンサーの選定や、効果的なキャンペーン設計など、さまざまなポイントを押さえることが重要です。インフルエンサーの選定では、ターゲット層と親和性の高いインフルエンサーを選ぶことが大切です。また、キャンペーン設計では、インフルエンサーのフォロワーの興味を引くような内容を検討する必要があります。

インフルエンサーマーケティングは、効果的な施策を行うことで、大きな成果を上げることができるマーケティング手法です。本記事で紹介したポイントを参考に、自社のビジネスに適したインフルエンサーマーケティングを実施してみてはいかがでしょうか。

インフルエンサーマーケティングのメリットと成功事例を解説!

CALLTREE(コールツリー)
PAGE TOP